【ケアンズ】マウントハイピパミー国立公園がすごい!【絶景穴場スポット】

2019年11月10日オーストラリア, ケアンズ, 公園

ケアンズには自然を満喫できるスポットがたくさんあります。ここマウントハイピパミー(Mount Hypipamee National Park)はその一つですが、あまり認知されていません。

自然豊かで生き物も多く、あまり見たことがない絶景も堪能できます。

広告

マウントハイピパミー国立公園には何があるのか

クレーター

マウントハイピパミーのクレーター

マウントハイピパミー国立公園で見るべきものは、なんといってもこの巨大クレーターです。

写真はうまく撮れていませんが、巨大な穴(クレーター)があり、その奥深くに水が溜まっているのが分かります。

駐車場から歩いていける、ビューポイントは、少し穴に突き出しているため、絶景をのぞき込めます。

水面までの距離は約60m、さらに水の深さは約70mとなっており、130メートルほどの深いクレーターになります。

クレーターの楽しみ方

このクレーターは拝むだけでも壮観ですが、面白い楽しみ方があります。

ビューポイントに行く前に、なるべく大きな石を用意して向かいましょう。

そして、石をビューポイントから投げ入れます。

このクレーターは奥行きの深い筒状で、音の響きがすごいです。

石を投げ入れると数秒後に石が着水し、ものすごい爆音が響き渡ります。

マウントハイピパミーの滝

正直、クレーターのついでにはなりますが、グーグルマップでDinner Fallsと書いてある、いい感じの滝があります。

こちらも一見の価値あり。

遊歩道

上記のクレーターや滝を周る遊歩道では、オーストラリアの熱帯雨林を満喫できます。

人気スポットに比べて人も少ないので、ゆっくり自然を感じられます。

生き物もいろいろと出てきますが、後の章で解説します。

マウントハイピパミーへの行き方

マウントハイピパミーへはレンタカーなどの車を借りていくか、もしくはツアーで行くかになります。

位置的にはアサートンやマリーバから、ミラア・ミラアの滝に行く途中になるので、寄りやすい場所かなと思います。

駐車場は無料で、整備された遊歩道を300mほど歩けばクレーターに到着します。

滝(Dinner Falls)に寄っても、1kmくらいの距離の、簡単な遊歩道です。

マウントハイピパミーの生き物

マウントハイピパミーの熱帯雨林は豊かで、様々な生き物たちが暮らしています。

ボイドフォレストドラゴン(Hypsilurus boydii)

私が行ったときに出会ったのは、まず、ボイドフォレストドラゴンです。

下の画像のどこにいるかお分かりでしょうか。

どこにボイドフォレストドラゴンがいるでしょう?

答え合わせ。

答え合わせ。
ボイドフォレストドラゴンのいる場所。

こいつでした。分かりづらくてすみません。

ボイドフォレストドラゴン

日本ではボイドモリドラゴンなどとも呼ばれますが、クイーンズランドの一部にのみ生息する、キノボリトカゲ科の爬虫類です。

ケアンズ周辺の熱帯雨林のあちこちで見られ、マウントハイピパミーでも2匹見つけました。

慣れれば見つけるのは難しくありませんが、逆に慣れないうちはなかなか見つけられません。

この時すれ違った白人ガイドさんにも、「すごく珍しい、ラッキーだね」と言われました。

熱帯雨林の細い木の幹の、目線ほどの高さに良くいます。

逃げ足は速くないので、見つけたら優しく捕まえて、写真を撮ってリリースしましょう。

ヘビ

黒いヘビ

種類が分からないヘビです。

道の脇にいました。

毒があるか分からなかったので触りませんでした。

まとめ

すごいクレーターがある、マウントハイピパミー国立公園を紹介させていただきました。

絶景のクレーターでは石を投げこんでみてください。

また、ぜひボイドフォレストドラゴンを探してみてください。

ちなみに、マウントハイピパミーを含めた、ケアンズ旅の際の生き物探索記はこちらにもまとめているので、良かったら覗いてみてください。

クリックしていただけるととっても嬉しいです!

広告

2019年11月10日自然スポットオーストラリア, ケアンズ, 公園

Posted by lunalion