【大内峠一字観公園】天橋立穴場ビューポイント【無料で絶景】

2019年11月7日京都, 公園, 展望台, 関西

天橋立「飛龍観」

天橋立と言えば、上の写真を思い浮かべる方が多いでしょう。

日本三景と呼ばれる特別名勝で、天橋立ビューランドから見た景色は「飛龍観」と呼ばれて親しまれています。

これは龍が舞い上がるように見えることが由来ですが、「一字観」と呼ばれる景色が見えるスポットをご存知でしょうか。

今回は新しい天橋立の楽しみ方として、一字観公園を紹介します。

広告

一字観公園からの天橋立

一字観公園から見た天橋立

一字観公園から見た天橋立は、画像のように、まるで海の中を一本の直線が走っているように見えます。

これが一の字に見えることから、「一字観」と呼ばれます。

こんな景色は天橋立以外では見ることが難しいでしょう。

駐車場、入場ともに無料で、車があれば気軽に行くことができるのが大きなメリットです。

しかも、空いています。

一字観公園の場所と行き方

一字観公園は地図の場所になります。

天橋立からのアクセスとしては、車で行けば、20分ほどで到着するので、お手軽です。

駐車場代は無料で、あまり混んでいないことが多いです。

ただし、途中の山道が細いところがあり、運転が苦手な方は気を付けた方がいいでしょう。

公共交通機関を利用される方は、天橋立駅からタクシーで行くことができます。

駐車場に着いて、公園内に入るとすぐに展望台への案内板があるので、その案内に従えば、絶景にたどり着きます。

天橋立の楽しみ方

最後に天橋立の中を満喫する方法をちょこっと紹介します。

天橋立は、外から眺めるだけでなく、中を通ることが可能です。

とはいえ、3キロ近い、非常に長い道のりになります。

そのため、中に入る時のおすすめは、レンタルサイクルを利用することです。

レンタルサイクルは、そこらじゅうのお店で扱っており、数時間400円程度で借りれます。

両側を海に挟まれて、景色を楽しみながら、自転車で風を切るのは非常に気持ちいいですよ。

まとめ

今回は天橋立を横から望むことができる、 一字観公園をご紹介しました。

この公園の良いところは、

・天橋立をビューランドと全く違う角度から眺めることができる。

空いている。

入場・駐車場無料。

などでした。

ぜひ行ってみてください。

クリックしていただけるととっても嬉しいです!

広告

2019年11月7日自然スポット京都, 公園, 展望台, 関西

Posted by lunalion